声問川氷融ける

 ここ数日の暖気で、声問川の本流の氷が融け始め、白鳥大橋付近で行われていた氷上釣りが出来なくなっている。
 本流での釣りは年明け3日から始まったが、5日以降は暖気が入り日中の気温がプラス2度前後まで上がり、この時期としては平年より4度ほど高い日が続いていることから、本流の斌(さかん)橋付近から上流の氷が融け、川面が見える所もある。
 10日に釣りをしようとしていた男性は「この時期に斌橋の所が氷がない状態であれば、いつもの本流のポイントは氷が薄い」と本流での釣りを諦め、支流(古川)に向かった。