卸売市場の初競り前に挨拶する風無組合長

卸売市場の初競り前に挨拶する風無組合長

稚内漁協市場の初競り

稚内漁協市場の初競り

 稚内地方卸売市場で6日朝、初競りがあり威勢よい掛け声が飛び交っていた。
 午前7時から始まり先ず工藤市長が「取扱い高はそれなりの数字を残すことはできたが、中身を見れば喜べる数字ではなく、買い付ける皆さんに苦労をかけた1年でした」と昨年を振り返ったあと「我が街は水産が中心であり、関係者一丸となってこの苦難を乗り越え、行政として皆さんを支えたい。今年は未年で羊が持つふんわりとした温かさに包まれた1年になれば」と挨拶。続いて市場指定管理者の稚内機船漁協の風無組合長が「色んな魚種の資源が厳しい状況ですが、資源の回復、管理策を継続させ少ない魚を丁寧に扱い付加価値をつけ皆さんに高く買ってもらう努力をしたい。皆さんの商売が益々繁盛することを祈念します」などと述べた。
 続いて中陳地方卸売市場買受人組合長が「今年1年、皆さんにとって良い年だと言えるように努力して頂き企業の発展、健康であることを祈念し1年間頑張りましょう」などと挨拶したあと、早見機船漁協部長の音頭で三本締めが行われ、今年の豊漁と安全操業を祈願した。
 市場にはかけ廻し沖底漁船5隻が水揚げしたホッケを中心にカレイ、カスベ、タラなど3277箱ほかホッケのバラも40㌧上場され競りが行われていた。
 稚内漁協市場の初競りは6日午前8時から行われ、買受人らの威勢よい掛け声が場内に響き渡った。
 関係者60人余りを前に安藤組合長が昨年を振り返り「2年連続で流氷が着岸しコンブやウニの漁獲量減少の影響や、温暖化による海水温上昇などの異常気象が続き、秋漁の最盛期でもある10~12月はシケによる休漁が長期に亘って続いたことでイカ、カレイの水揚げが不振だった。毛ガニの豊漁に恵まれ前年より2億円の増加となり、ナマコも数量の増産と価格の安定で前年を上回る取り扱いだったがイカ、サケ、カレイは過去に例がないほどでした。それでも全体では2282㌧で総額23億円の売り上げがあった。今年も安心安全で新鮮な水産物の供給に向けて職員一同取り組んでいきたい」と述べ、中島買受人組合長は「品質は市場からの評価が得られているので皆さんが繁盛できるように頑張っていきたい」などと挨拶。
 工藤市長、武部衆議(代理)が祝辞を述べ、最後に木村専務理事の音頭で三本締めが行われたあと、カレイ、ソイ、ギス子やホヤなどの鮮魚が競りにかけられ、買受人の掛け声が飛び交った。