全道代表

 来年1月30日~2月1日まで岩見沢と三笠で開かれる北海道サッカー協会主催の北海道トレセン女子U-12に、最北FC所属の東小6年小山芽さん(12)が道北地方で唯一人選ばれた。
 小山さんは3年前のW杯で優勝した「なでしこジャパン」の活躍に触発され、4年生の秋から同チームに入団し、男子と一緒に練習に励み、団員63人(女子21)の中、レギュラーの座をつかみ日々練習に取組んでいる。
 北海道トレセンの選考会は今年9月に小樽市で開かれ、札幌、道央、道北、道南、道東の5地区から選ばれた80人の選手が集まる中、管内から小山さん含め5人が参加し厳しい選考の結果、道代表16人の1人として選ばれた。
 小山さんは「トレセンに選ばれて嬉しかった。他の選手と触れ合って技術を吸収できるように頑張りたい」と闘志を燃やし、間瀬元総監督も「2年間のサッカー経験しかないけど、日頃から頑張った結果が今では技術などを含め男子に引けを取らないまで成長しているので頑張ってほしい」と話していた。