日露カニ密漁密輸防止協定発効の10日以降に稚内港に入ったカニ運搬船は、15、20、22、24日にそれぞれ1隻ずつの4隻に止まっている。総体としてはウニなど積んだ外国貿易船が15隻入港している。
 12月1~9日までの総体41隻と比べると大幅に減少しており、いかに稚内港の輸入はカニで支えられているかを物語っている。
 稚内支署の税関業務は26日で年内終えるが、26日も外貿船入港の連絡はない。