今冬1番の強い寒気が流れ込んだ影響で、22日の宗谷地方は各地で厳しい寒さとなり、稚内、宗谷岬など5地点で今冬の最低気温を更新した。
 稚内地方気象台によると、21日夜遅くにかけ真冬並みの寒気が入り、稚内開運で22日午前5時ころ氷点下10度、宗谷岬で午前9時過ぎ氷点下9・1度まで下がり、今冬1番の寒さを観測した。
 この厳しい寒さで市水道部には22日、水道管が凍った事案が3件あった。水道管は気温が氷点下4度以下になると凍りやすく、今後1週間の朝の気温は氷点下5~7度と予想され、管の水抜きなどするようにと、各家庭に呼びかけている。