暴風で倒れたバス待合所

暴風で倒れたバス待合所

ライトを点けて走行する車

ライトを点けて走行する車

 台風並みの発達した低気圧の影響で、16日から宗谷全域で大荒れの天候となり、稚内は17日朝から雪を伴った30㍍前後の暴風が吹いている。17日夜にかけては更に天候が悪化し稚内地方気象台は見通しが全くきかない猛吹雪や吹き溜まりによる交通障害、高波などに警戒を呼びかけている。
 日本海とオホーツク海側にある2つの発達した低気圧の影響で、17日午前11時までに宗谷岬32㍍、声問25・7㍍、開運25・3㍍など最大瞬間風速を観測。17日夜にかけては低気圧が1つにまとまって勢力を更に強め、18日にかけても陸上25㍍、海上で35㍍、波の高さも10㍍と猛烈なシケになる。
 17日午前10時までの24時間の降雪量は声問11㌢、沼川9㌢、開運7㌢などだが、吹き溜まりがあり場所によっては20㌢以上の雪が積もり、朝から各所で除雪車が出動し雪かきをする市民、視界悪くライトを点灯し走る車があった。
 18日朝までに降る雪は多い所で60㌢前後が予想されている。
 この大荒れの天候で、ノシャップ2のバス停留所の待合室が30㍍近い暴風で倒れた。17日朝には恵比須4の空き家の屋根が飛びそうだ―と近所の住民から通報を受け、市(防災安全課)が出動した。
 交通機関は飛行機、フェリーは全便欠航。JRは稚内~札幌間のスーパー宗谷、サロベツの運休が決まった。

バスは郊外線一部運休
 猛吹雪のため宗谷バスは、16日午前10時から曲渕線を運休。天北、宗谷線では大岬までの折り返し運行をしている。

小中高校臨時休校
 暴風雪の影響で、17日は市内の全小中学校はじめ稚高、大谷高が臨時休校した。市体育館、水夢館、総合体育館など10施設も休館した。

保育園は通常通りだが様子見
 17日市内全幼稚園は休園。18日も天候を見て登園となる。
 一方、17日午前11時の段階で市内の保育園児は通常通り登園しており、これから市内線バスの運休などを目安に休園する場合は早めに判断したい―と市教委。

ぶっくん休止
 悪天候のため市立図書館は17日、移動図書館車「ぶっくくん」の巡回を休止した。

暴追啓発も中止
 17日、中央アーケード街で行う予定だった冬の暴力追放運動の街頭啓発は、悪天候のため中止になった。

LED信号機の雪払い
 17日の猛吹雪で、稚内署でもパトロールを行い警戒に当たっている。
 西條稚内店前の大黒4交差点の信号機はLEDで熱を放射しないため吹雪きで付着した信号が何色か判別できなくなり署員が棒状の物を使って信号機に付いた雪を取り除いていた。

紅灯街での啓発中止
 18日夜に大黒と中央飲食店街で行う予定だった安管事業主会と安管協会による飲酒運転根絶・暴力追放飲食店訪問街頭啓発は、悪天候のため中止になった。