急速に発達する低気圧の影響で、宗谷地方は16日夜遅くから18日にかけて雪を伴った非常に強い風が吹き海は猛烈なシケとなる。特に17日~18日にかけては「数年に一度の猛吹雪」の恐れがあるとし稚内地方気象台は見通しが全くきかない猛吹雪や吹き溜まりによる交通障害、暴風、高波に厳重な警戒を呼び掛けている。
 気象台は日本海と本州付近にある二つの低気圧が発達しながら道内に接近。17日午後には低気圧が一つにまとまって勢力を更に強め、最大風速は陸上25㍍、海上で35㍍、波の高さ10㍍と猛烈なシケになるという。
 17日正午までの24時間の降雪量は多い所で60㌢を見込んでいる。
 これら状況について稚内地方気象台は16日に暴風雪説明会を開いた。石川観測予報管理官は「数年に一度の猛吹雪。道東などで9人が亡くなった昨年3月の暴風雪と同じレベルまで発達する恐れがあり、吹雪で陸の孤島になる可能性もある」と述べた。
 気象台は16日夕方ころには暴風雪、波浪警報を発表する予定で、今後は暴風雪、高波・高潮、大雪などに厳重な警戒を呼び掛けている。