問題

 道による北方領土学習会が12日午後、声問小で行われた。
 道では北方領土問題の早期解決に向け将来の運動後継者になってもらえれば―と道内15小中学校で学習会を開いている。
 稚内では声問小が対象となり5、6年生8人が参加。元択捉島出身で現在札幌に住んでいる三船志代子さんが当時の択捉島での暮らしなど、自身が書いた絵本「ばあちゃんのしべとろ」の読み聞かせを行い、昔は自然豊かで漁をする人たちで賑わっていたのが懐かしく、自由に訪問できなくなったことが寂しい―などと話し児童たちも真剣に耳を傾けていた。
 終戦直後の色丹島を舞台にしたアニメ映画「ジョバンニの島」の紹介ビデオを見たあと、北方領土学習での感想文などを書いていた。
 児童たちの感想文は、来年1月の北方領土返還特別啓発期間中に赤れんが庁舎などでパネル展示される。