宗谷総合振興局は、本年度上期(4~9月末)の管内市町村への観光客入り込み状況を明らかにした。
 稚内市35万1600人(昨年度同期37万1000人)、9町村合計103万1500人(同105万1100人)の138万3100人。昨年度同期から2・7%の3万9000人減少した。貸切バスでのツアー減少と大雨被害など天候不順によるものと考えられる―と観光振興係。
 道外客は70万2900人(同74万3000)道内客68万200人(同67万9100)。日帰客98万4300人(同99万8700)宿泊客39万8800人(同42万3400)。上記4要素の中で唯一、道内客が増加した。
 FDAの就航はあったが、全日空の関西、中京便の休航が響いているのか。
 地域別(ブロック別)では稚内ブロック71万500人(道外39万8600、道内31万1900、日帰46万8500、宿泊24万2000)、利礼ブロック35万6000人(道外19万2200、道内16万3800、日帰22万9900、宿泊12万6100)、南宗谷ブロック31万6600人(道外11万2100、道内20万4500、日帰28万5900、宿泊3万700)。
 稚内市以外の9町村の入込み数。
 ▽幌延 9万6800人(昨年度同期9万8400)▽猿払 11万2600人(同9万900)▽浜頓別 10万5800人(同10万4000)▽中頓別 4万700人(同3万7500)▽枝幸 17万100人(同17万1000)▽豊富 14万9500人(同15万8500)▽礼文 10万9600人(同12万600)▽利尻 12万3200人(同13万5100)▽利尻富士 12万3200人(同13万5100)。