大谷高は、来年度から一部の入学予定者を対象に入学金免除制度を設ける。
 これまで入学金はA奨学生2万円、B奨学生4万円、C奨学生6万円、一般入学で16万円が掛かっていたが、新年度からは普通奨学生と一般入学生に限り、保護者の市町村民税の所得割額によっては入学金が免除される。
 入学金免除者は、前年度の市町村民税所得課税証明書で、非課税生活保護世帯の年収250万円未満者または所得割額が100円~5万1300円未満で年収350万円未満の世帯が対象。同校からの合格通知と一緒に申請案内書が送付されるので入学手続きの際に提出するとよい。
 入学金免除措置について山下校長は「保護者への支援対策の一つであり今後も地域と連携した学校づくりに取り組んでいきたい」と話していた。