稚内冬季観光振興事業で11月の1カ月間、東京直行便を利用し稚内入りした首都圏などからのツアーが好調だ。
 稚内観光協会によると今冬はクラブツーリズムや読売旅行、JTBなど大手旅行会社による集客が良く、羽田から紋別を経由して稚内入りし、直行便で戻る2泊3日のツアーと、その逆に稚内入りし紋別から帰るツアーもあり、これまでの集客は昨年より400人近く多い2800人余りを数えた。
 早めのPRが功を奏しており、例年8000人余りが訪れる冬季観光だが、2月には稚内~紋別間でシャトルバスの運行やサハリン館のオープンなどあり、昨年以上の集客を図りたい―と協会は期待している。