プロ

 陸上自衛隊第二音楽隊(旭川)が6日、文化センターで管内の中高生の吹奏楽部員を対象に演奏指導会を開いた。
 道吹奏楽連盟主催。中高生にプロの演奏を学び技術向上にと3年前から行っており、管内8校の中高生150人余りが参加。生徒たちはフルート、クラリネット、ホルンなど10パートに分かれ、隊員から楽器の奏法や練習法のアドバイスを受けた。
 サクソフォン練習では隊員から「姿勢を正し頭の中で音をイメージすることが綺麗に音を出すコツ」と教わっていた。
 この指導会に合わせて6日午後4時半から音楽隊34人と市内の高校で選抜された音楽部員35人によるジョイントコンサートが開かれた。