棒たら作り

 富士見地区で、この時期の風物詩の真ダラの干物「棒だら」作りが行われている。
 気温が0度前後まで下がり、海からの浜風の寒さが厳しくなってきてから行う棒だら作りを先月から作業を始めた富士見地区の北海組では、道内で水揚げされ大きいもので10㌔を超える真ダラを下処理し乾燥室で寝かせたあと、天候を見ながら加工場近くの納屋に干す。
 このあと2カ月ほど海からの寒風にさらしてタラ自体の旨味を引き出し春の日差しが強くなるころには天日干しなどして仕上げる。完成した棒だらは主に関西方面などに出荷され、料亭など高級料理の食材として使用される。
 従業員は「今年は型の良いタラが入ってきている。稚内の冷たい風だからこそ美味しい棒ダラになる」と話していた。