建設協会

 稚内建設協会は3日午後、稚内建設会館で今年8月の大雨による土砂災害で被災した礼文町に災害見舞金として100万円寄付した。
 先に開いた役員会で被害が大きかった礼文町に対し支援ができれば―との意見があり、寄付することを決めた。協会としての支援活動は、東日本大震災被災地に生活用品などの物資を寄贈して以来となる。
 藤田会長から高額寄付を受け取った小野町長は「高額な寄付を頂きとても感謝しています。町内では多くの場所で災害に遭っているので、町民の皆さんと一緒に復旧に向けて役立てたい」と謝辞を述べていた。