ほぼ氷

 ここ数日、真冬並みの寒気が入り声問川本流が氷に覆われ始めた。例年より1週間ほど早い。
 声問地区は11月下旬に氷点下10度近くまで下がる日があり、12月に入ってからも朝晩は氷点下5度まで下がるなど寒さが続いていることもあって結氷は日を追って進んでいる。
 まだ氷の厚さは薄く川面が見えるところがあるものの、これから一段と寒さが厳しくなってくると氷の面積が広がり、氷の厚さが10㌢近くになるとチカやワカサギの氷上釣りが始まる。