大沼

 ここ数日の朝晩の冷え込みによって大沼の湖面が氷に覆われ始めた。
 深い所でも水深が1㍍弱しかない大沼は、朝晩の気温が氷点下5度以下となる11月下旬頃から水面が氷に覆われてくる。
 29日朝、声問では氷点下4・9度まで下がり、湖面の氷が徐々に広がっている。ハクチョウやマガモなど野鳥の姿はなく大沼バードハウスも休みに入り沼周辺は静まり返っている。
 沼の中ほどは今だ開放面はあるが、12月2日以降は強い寒気が入ることもあり、あと数週間もすれば全面が氷に覆われることになりそうだ。