災害時

 稚内測量設計協会と宗谷総合振興局は28日午後、宗谷合同庁舎で災害時における連携協力に関する細目協定をした。
 今夏、礼文島や稚内で発生した大雨土砂災害を受け、この先、大規模災害が発生した時、被災状況の早期把握と被害拡大を防止するため締結することになった。宗谷総合振興局としての協定締結は、昨年6月の稚内建設協会以来2例目。
 締結を終えた小野寺局長は「宗谷管内の防災対策の強化を図り地域の安全安心に努めていきたい」と話し、側会長も「災害時に対応するためにも技術者向上に努めたい」と述べていた。
 今後、同振興局が管理する施設が大規模災害で被害を受けた際、要請を受けた測量設計協会が原因調査や応急対策面などで協力する。