徒歩

 徒歩で日本一周の旅に挑戦中の岐阜県高山市の船坂元貴さん(26)=写真=が稚内入りした。
 徒歩で各地を回ることで自然を見たり、人の出会いを大切にしたい―と旅を決意したという船坂さんは今年4月に自宅がある高山市を出発。太平洋側を北上し8月下旬に北海道入りした。
 道内に入ってからは知床などに立ち寄り北海道の自然の豊かさに感動したとする一方、1週間ほど前にオホーツク海側を歩いている時に雪が降り、冬の北海道の厳しさを身を持って体験した―と振り返った。
 宗谷岬から歩いてきて25日夕方に市内に入った。
 船坂さんは「今年はとりあえず稚内でゴール。冬の間は北海道でバイトして資金をため来年5月に稚内から旅を再開したい」と話し、1万2000㌔を歩く旅の終了は2年後になるという。