海に

 今シーズン1番の寒さとなった26日朝、声問~富磯の海岸線で海面から霧が湯気のように立ち上がる「けあらし」が現れた。
 けあらしは気温が氷点下10度近くまで下がった上、晴れて穏やかな天候になるなど条件が揃わないと見ることができない現象で、稚内地方気象台によると26日は内陸で放射冷却現象が強まり、沼川で氷点下10・8度、声問氷点下8・4度など管内のほとんどの地点で今季1番の寒さとなった。この冷気が流れ込んだ海岸沿いで早朝にかけ、けあらしが現れた。
 冷え込みが厳しくなったことで、朝は車のフロントガラスに霜が張り付き、それを取って出勤していた。
 27日も晴れて放射冷却現象が起き、朝の気温は氷点下まで下がるようだ。