今月7日の「立冬」を終え22日は「小雪」。そろそろ雪が舞い始めるので冬への備えを―という時候を迎えた。
 寒くなるとストーブが登場し我々の身体を暖めてくれるが、灯油の高値が続き、オール電化住宅などは電気料金の大幅アップでおちおち浪費できぬ気持ちが募る中、プロ野球は「ストーブリーグ」といって移籍、トレード選手の獲得合戦が喧(かまびす)しくなる。
 我らが日本ハムファイターズではキャプテンを務めた大引選手と、数年前に打点王を獲るなど勝負強い小谷野選手が移籍する。若手選手を育成し主力にしようとする方針のもと老兵は去るべし式の、プロスポーツ界の非情さを窺わせるものだが、これまでの貢献度を考慮すると勿体ないような気がしないでもなく、両選手の新天地での活躍を願うばかりだ。
 新人選手の入団披露もあり、早大の有原投手らの奮闘も祈っているが、これまでどれだけの新人選手が評判通り活躍できずユニフォームを脱いだことか。過剰な期待は禁物である。
 クライマックスシリーズの健闘を見る時、来年のファイターズは相当期待できるが、他球団だって手を拱いているわけでないだろうから球団も選手も油断なきようしなければならない。
 主力の中田選手には更に高みをうかがってほしいし彼なら可能だろう。野球は守りが大事であり投手陣の奮起が望まれるところである。
 来年2月からのキャンプインを前に、この2カ月の過ごし方が選手個々は重要であり、そういうことでは我々一般の人間も毎日の努力が大切なことは言うまでもない。
 勤務後の余暇、日曜など休日の過ごし方が将来を決める。ただ漫然と「身体の疲れを取る」ならば、努力している人達との差は広がるばかりで心したほうが宜しかろう。
 あの長嶋茂雄さんでさえ現役時代には夜中でも素振りをし、王さんの真剣での素振りも有名な話である。努力が大事だ。