子供の変化

 稚内市児童問題連絡会主催の講演会は21日夜、文化センターで開かれ、100人の教育関係者は、虐待防止について知識を深めた。
 会長の表教育長が「本市でも過去に悲しい経験しているので風化させないためにも次の世代に伝えていくことが私達の使命」などと挨拶したあと、旭川児童相談所稚内分室長で臨床発達心理士の髙本美明さんが「子ども虐待対策の現状~臨床発達心理士の視点から~」と題して実体験を交え講話した。
 子供たちに対する虐待やその後の影響、早期発見のポイントなどの話に続き全国で発生している事例など挙げ、児童虐待は①身体的虐待②性的虐待③ネグレスト④心理的虐待に分けられるとした上で、早期に虐待を防止するためには「子供の変化への気付きが子供を救うことができるのでおかしいと思ったり感じたりしたら迷わず連絡してほしい」と話していた。