雪かき

 冬型の気圧配置により、稚内地方は15日朝までまとまった雪が降った。15日午前10時現在、開運で15㌢、声問16㌢の積雪があり、各所で雪かきに追われていた。
 稚内地方気象台によると、13日午後から15日朝までの降雪量は21㌢と、例年の平年値と比べ2倍近い雪の量に達した。今後、冬型の気圧配置は緩んでいくが、朝晩の冷え込みによる路面変化などに注意を呼びかけている。
 15日午前中の気温は1・2度まで上がり、プラス気温で湿った重い雪を汗だくになりながら雪かきをする人、広い駐車場を持つ事業所では重機で除雪作業をしていた。