メガソーラー

 14日、去る3日に風車の羽根落下で切断された声問のメガソーラーから幌延変電所への3万3000キロワットの送電が仮復旧した。
 14日午前中、時折り吹雪く中、高所作業車を使って仮の電線をつなぐ復旧工事が行われた。市(環境エネルギー課)によると、本来の電線は取り寄せているが、入荷まで1、2カ月を要し、それまでは仮の電線で送電することになる。