稚内署は10月末の同署管内の街頭犯罪と刑法犯認知件数をまとめた。
 10月は傷害1件、公務執行妨害1件、侵入盗3件、車上ねらい1件、工事現場ねらい2件、自動車盗1件、自転車盗2件、窃盗(その他)4件、器物損壊(車両)8件、同(その他)3件、詐欺2件の28件。昨年同月から5件増加した。
 10月の刑法犯認知件数は19件多い208件。
 先月19~20日にかけて、萩見、富岡、朝日の3地区で駐車中の車両が傷つけられる器物損壊事件が連続して発生していることから、同署では車両は明るい場所に駐車し、カーセキュリティーの活用、ドライブレコーダーや防犯カメラなどを導入し被害防止を含めた未然の防犯対策を呼びかけている。