船陸揚げ

 冬を前に漁港で小型漁船を陸に揚げる作業が行われている。
 ノシャップの恵山泊漁港では6日、朝から晴れるも強い風が吹く中、船にロープなど掛けたあと、クレーン車を使って小型漁船を吊り上げ岸壁横の空き地に陸揚げしていた。
 6日夜から7日にかけては、12月中旬並みの寒気が入り朝の最低気温は1度と予想されており、宝来地区の前浜では、磯船の冬ごもりを急ぐ漁師の姿も見かけられた。