シンガポール

 稚内の観光地など視察のため来市したシンガポールの旅行会社5社が5日、北防波堤ドームやノシャップ岬など景勝地を巡った。
 海外から北海道を訪れる外国人観光客数は年々増加傾向にあり、稚内夏季観光客誘致協議会では新たな誘客策の一つとして来夏のツアー商品造成に向けシンガポール旅行会社スタッフを招いた。
 東京直行便で4日午後に稚内入りした一行は、宗谷岬、宗谷丘陵などを見学。翌5日は朝から北防波堤ドーム、稚内公園、旧瀬戸邸など視察。同行している稚内観光協会の職員によると、4日午後に30㍍以上の暴風が吹く中、宗谷岬を見学した旅行会社からは「これまで体験したことのない風でとても興奮した」とし、稚内の新鮮な魚介類にも満足し北海道旅行企画の参考にしたいと話していたという。
 5日夜は地元のホテルなど観光関係者と意見交換する。