よそ者

 宗谷総合振興局は2、3の両日、中央地区や勇知などで宗谷地域魅力UP事業として観光相談会を開いた。
 地域間の連携強化、地域の可能性や課題など検討、共有しようと、北海道宝島旅行社の鈴木宏一郎社長をアドバイザーに迎え稚内北星大学の藤崎達也講師や稚内観光協会などから14人が参加した。
 中央地区で行われた「まち歩き&北の酒場チラ見ツアー」では北防波堤ドームに行き、藤崎さんらがドームに駅があった頃の写真をタブレット端末で見せて時代背景など歴史を説明したが、ドーム内を見た鈴木社長はスマホを通して見た風景に情報を表示するAR(拡張現実)機能を活かし、当時の様子など見れるようにしたらよいのでは―などとアドバイスした。
 このあと、旧瀬戸邸など巡った一行は勇知に足を伸ばし、ぎゃらりい華や悠遊ファームを見学。3日は豊富温泉街などにも出掛けた。