北電稚内営業所は、本年度上期(4~9月末)の管内の販売電力量をまとめた。
 一般家庭などの電灯7200万キロワットH(昨年同期対比2・8%減)、工場などの電力1億1600万キロワットH(同3・6%減)の1億8800万キロワットH。昨年同期に比べ3・3%の642万キロワットHの減少した。
 電灯、電力とも節電により減り、家庭用に関しては春先が暖かかったことによる暖房需要の減、産業用については水産や酪農での稼働減もあり減ったと稚内営業所は分析している。