藤間流おさらい

 市内で日本舞踊教室を主宰する藤間寿喜衛師籍20周年を記念した「秋の踊り」が26日、文化センターで開かれた。
 会員8人と京扇会、藤友会などからも6人がかけつけ、けい古の成果を発表した。
 藤間師籍の長唄「春の寿」を皮切りに、新舞踊や舞踊小曲などが披露され、来場した150人余りの市民から拍手を送られていた。
 寿喜衛全会員で「雪しんしん」など4曲に亘って踊り、フィナーレを飾った。