来月やっと復旧 市営球場向う市道 1年ぶりに住民の不便解消

復旧

 昨年11月の大雨により法面などが崩れ、通行止めされていた緑4の旧大谷高から市営球場に行く市道が11月1日、1年ぶりに復旧する。
 昨年11月9~10日かけて80㍉以上の大雨が降ったことで、緑4の市道沿い法面が10㍍に亘って崩れ、水道管が破損し水が噴き出したりし近くを流れるクサンル川の護岸が旧大谷高側で54㍍、住宅側で66㍍に亘って決壊し、以降、通行止めが続いている。
 市土木課によると、復旧工事は今年5月末から護岸の修復、法面の地盤固め、市道の復旧作業など今月末までの工期で施工されている。ただ住宅側の護岸工事は今年8月24日の大雨で工事が遅れており12月上旬までズレ込む。
 この通行止めに関しては、近くの住民から「迂回路を通り回り道しなければならない」などと不満の声が上がり1日でも早い復旧を望む声が多かった。

コメントを残す