72人参加し存分プレイ 稚内CC開場50周年コンペ

ゴルフ開場
 稚内カントリークラブの開場50周年を記念したコンペが13日行われ、参加したゴルフ愛好者72人は稚内CCの歴史を感じながらプレイしていたよう。
 稚内駐屯の米軍基地から譲り受け昭和39年オープンした同CCは、風の強いリンクスコースとして全国的にも知られ、稚内市民だけでなく札幌や東京から来てプレイする人も少なくなく、この日は風はそれほど強くなかったこともあり、参加した人たちはナイスショットを連発していた。
 薄田誠支配人は「ゴルフ人口が減少する中、50周年を迎えられたのは会員の皆さんのお陰です。今後も少しでも多くのゴルフ愛好者を増やせるよう努力していきたい」と話していた。

コメントを残す