2つ星にアップ 宗谷バス 安全性など評価され認定

宗谷バス格付け

 (社)日本バス協会が認定している貸切バス事業者安全性評価認定証で宗谷バスが安全性を表示する〝2つ星〟の認定を受けた。
 同制度は全国の貸切バス事業者を対象に、安全運行のための取り組みや事故の有無などを格付けする制度の一つで、平成24年度から認定証を発行し2年ごとに更新しており、同社では制度が始まった24年から星1つでの認定を受けてきた。
 安全運行やドライブレコーダーなどの設備投資、乗務員の健康管理や労働基準法の遵守など総合評価から審査した結果、日ごろから取り組んでいる安全対策が高く評価され2つ星に昇格した認定となった。道内258事業所あるうち認定されているのは55事業所。2つ星の認定は25事業所あるが旭川を除く道北地域では同社だけである。
 紅葉などで秋の観光シーズンが始まることもあり、中場社長は「日ごろの取り組みが評価され感謝しています。今後も安全対策に努め最高位の3つ星を目指していきたい」と話していた。
 認定制度の有効期限は平成28年12月末までの約2年間。同社では認定を受けた車両45台に認定証ステッカーを貼り掲示する。

コメントを残す