大沼に渡り鳥の飛来増える ハクチョウは100羽

渡り鳥

 大沼にハクチョウやカモなどの渡り鳥が続々と飛来。7日午前中、ハクチョウは100羽近くまで増えた。
 先月16日、2羽の先発隊が飛来したあと暖かい日が続いていたことから数は増えなかったが、気温が下がり始めた5日以降、新たな群れが飛来し7日午前10時過ぎには91羽が確認された。
 ハクチョウと共にマガモ、シノリガモなども飛来しており2000羽を超えている。

コメントを残す