建設業求人 昨年3倍の24人 稚内職安8月状況 求人倍率0・85倍

 稚内職安は、8月の雇用失業情報をまとめた。
 常用を集計したもので有効求職738人(昨年同月826)に対し有効求人627人(同583)で有効求人倍率は0・85倍。前年同月実績からはこの数年で最高の0・14ポイント上回った。
 新規求人が230人(同167)と昨年同月を37・7%の63人上回り、新規求職の166件(同176)という昨年からの減少もあり、求人倍率がアップした。
 新規求人の産業別内訳は卸売業・小売業54人(同58)製造業37人(同19)医療・福祉34人(同30)建設業24人(同8)運輸・郵便業24人(同12)宿泊業・飲食サービス業18人(同12)公務・その他14人(同8)など。
 昨年に比べ建設業が3倍、運輸・通信業、製造業が倍増した。
 新規求職者は44歳以下104人、45歳以上62人で、計166人の内訳は離職者110人、在職者41人、無業者15人。離職者のうち15・5%17人は事業主都合だった。

コメントを残す

次の記事

天北堆