4年ぶり稚内開催 国際LC主催 野球大会で交流

LC野球

 ライオンズクラブ国際協会331-B地区第4R第3Z主催の第31回ゾーン少年野球大会は5日、大沼球場で開かれた。
 稚内で4年ぶり開かれた野球大会には稚内、枝幸、幌延から4チームが出場し、開会式で妻鳥道明ゾーン委員(歌登ライオンズクラブ)の激励に応え、潮見が丘ファイターズの吉田皓也主将が宣誓した。
 第1試合は稚内野球スポーツ少年団と枝幸少年団が対戦。1回に4点を先取し続く2回以降も打線がつながり得点を重ねた稚内少年団が11~0で4回コールド勝ちした。
 決勝は稚内少年団と潮見が丘ファイターズの市内勢が対戦。7~0で稚内少年団が優勝した。
 個人賞は次の通り。
 ▽優秀選手賞 田中宏季(稚内)▽敢闘賞 平井洸太(潮見が丘)田中凌羽(枝幸)村上真安(幌延)▽打撃賞 石垣剛(稚内)。

コメントを残す

次の記事

時の話題「知事4期目へ」