読者コーナー

 先日、NHKで「老後破産の現実」という番組を見ました。高齢者が必死に生きる姿は涙なくして見ることが出来ませんでした。頼れる家族もお金もなく電気代も払えずガスの灯りでの暮らし。そうめんを長持ちさせながら食べて凌ぎ、具合が悪くても病院に行けない現実。「まさかこんな事になるとは思っていなかった」「自殺も出来ないが、早く死にたい」と話す高齢者の方々を見ていて思ったことは金が敵の世の中ではないかということであり、この上更に消費税増税となるのか。その判断となる景気とは。本当に恐ろしい世の中です。
 (市内に住む男性)

コメントを残す