参加者の評判良く 商工会議所のモニターツアー終了

北カナモニター

 稚内商工会議所の映画「北のカナリアたち」の管内ロケ地を巡るモニターツアーは9月中旬以降2班で30人参加し行われ「映画が好きでロケ地を見たかった」と参加した道内外の人達を十分満足させたようだ。
 昨年のJTBが企画から募集業務を行ったツアーを、今年は観光業登録を済ませた稚内観光協会が企画するという地元密着型にしたものの、全国各地から44組90人の応募があり、申し込みの際の動機など踏まえ2班で39人をツアー参加者とし、そのうち16組30人が実際に参加した。
 フェリーで映画を鑑賞し礼文島に着いた一行は奮部の「北のカナリアパーク」のロケ施設(小学校)で映画のシーンのよう模擬授業を体験するなどしたあと、利尻島に渡り御崎公園(仙法志)、オタトマリ沼など観光し3日目は稚内に戻り、稚内公園、宗谷岬、サロベツ湿原センター(豊富)を巡った。
 利尻で行う予定だった星空ウォッチングは2班とも天候悪くできなかったが「体験を組み込んだツアーは大変よく、花の咲いている時期に来たい」と好評。商工会議所は手応えを感じていた。

コメントを残す