天北堆

 高橋知事が大雨被害のあった稚内と利礼両島の状況調査で現地入りする。北海道知事が稚内の被災現場を訪れるのは稚内大火の際の堀知事以来のことであり知事として当たり前のこととはいえ腰の軽さは定評通りであり選挙に強いのもこのあたりで「住民目線の対策を」というのは憎いところだ◆トップが現場に赴き状況を把握するというのは最も大事なことであり、この現場主義を怠り部下の言うことだけ聞いていると裸の王様になってしまう◆我々マスコミも現場至上であるが、最近は通信技術が発達し現場に行かなくても臨場感が。これが記者にとって一番恐い。

コメントを残す