難病の人対象に 稚内では12年ぶり 市立病院会場に相談会

 北海道難病連として平成14年以来12年ぶりの稚内開催となる難病医療・福祉相談会は、10月5日午前8時45分から市立稚内病院で開かれる。宗谷管内の住民を対象に9月1~12日まで参加申し込みを受け付ける。定員は40人。
 手足がぎこちなく動かしにくい、関節が痛む、疲れやすい、微熱が続く手足が震える、字が書けなくなった、転びやすい口や舌がもつれる―など症状のほか、幼少期に“ポリオ”にかかり50~60歳前後になり筋力低下、強い疲労感など症状のある人を対象に、神経内科医(パーキンソン病など専門)内科医(リウマチや膠原病など専門)整形外科医(後縦靱帯骨化症などが専門)リハビリ専門医が札幌、旭川から来て無料で診察するもので障害者年金や身体障害者手帳、医療費の相談もソーシャルワーカーが受け付ける。
 事前申し込み先は稚内保健所(健康支援係)電話33-3703。

コメントを残す

次の記事

天北堆