旅客、驚きの11%減少 7月利礼航路 本州の大雨など影響か

 ハートランドフェリー稚内支店は、7月の利礼航路利用実績を集計。昨年に比べ11・4%の1万1575人の落ち込みとなった。
 上りは3万2636人(昨年同月対比12・5%減)下り3万2377人(同12・2%減)島間2万5224人(同8・7%減)の9万237人。
 本州で大雨がありツアー参加を取り止めた、大手の旅行エージェントの募集が今年、〝西高東低〟の西日本主体の戦略に傾いている―など原因はあるようだが「2桁台の落ち込みになるとは」(佐藤営業部長)と驚いている。
 4~7月末累計は上り8万8526人(昨年度同期10・1%減)下り9万668人(同9・3%減)島間6万1953人(同10・9%減)の24万1147人と、昨年度同期を10%の2万6801人下回っている。
 8月も大シケで2日間全便欠航するなどして厳しい状況だが、9月は相当数のツアーが組まれており「巻き返したい」と佐藤部長。
 車両は7月、6431台(昨年同月対比7・4%減)、7月末累計は1万9290台(昨年度同期対比4・4%減)。

コメントを残す