消臭剤など撒き環境浄化 衛生公社がゴミステーションで

衛生公社消臭

 稚内衛生公社は14日、萩見、中央など11地域のゴミステーション約300カ所に消臭剤と消毒剤を散布した。暑くなりステーションの臭いなど衛生を保つため実施した。
 同社では4~11月までの月1回ほどゴミステーション1089ヵ所の衛生を保つため消臭・消毒を行っているが、8月は特に菌の繁殖や悪臭が酷くなるため徹底し実施することにした。
 市立病院横のゴミステーションでは午前9時ころ、従業員2人がゴミステーション内とゴミ箱に消臭剤と消毒剤を散布していた。
 19日と20日にもゴミステーションを回り消臭剤など散布する。

コメントを残す