帰省と観光に影響 利礼航路が2日連続して欠航

 台風11号から変わった低気圧の影響で、12日も風強く、波高く利礼航路は2日連続して全便欠航し帰省の足に影響が出ている。
 稚内地方気象台によると、12日は15㍍以上の強風を観測し、波は日本海側で5㍍と大シケとなっている。ハートランドフェリーは朝一番の便を欠航とし、それ以降の便は天候待ちとしていたが、午前9時半に全便を欠航にすることを決めた。
 12日の利尻行き1、2便には車両50台以上、礼文行きは30台と多くの観光客や帰省の人が乗船予定だったが、欠航で島に渡れず、チケット売場は13日への予約に変更する人で込み合っていた。
 11日に続き12日も欠航で足止めくらった札幌からの帰省客は「海が荒れ欠航は仕方ないけど、お盆時期に天候が荒れなくても」とぼやいていた。

コメントを残す