撤去含め検討中 市教委 壊れた冒険広場木道

キケン

 テニスコートがある緑3のわんぱく冒険広場内の〝ふれあいの湿地〟に架かる木道が壊れ今春から使用禁止になっていることで、市民から親子で楽しむ場所なので早く修復してほしい―という声が寄せられたことを受け関係者に取材した。
 施設を管理している市社会教育課によると、湿地に架かる木道は、平成8年度から3カ年計画で進められた同広場の整備工事として平成10年に幅2㍍全長50・5㍍の木道として整備されたが、長年の雨などで木道を支える木柱が腐食し床板に一部隙間ができたことから同課では利用者の安全を考え使用禁止の措置を取った。
 今後の対応について市教委では「撤去や修復するのに費用がかかり両方(撤去と修復)を考え検討中」と話していた。

コメントを残す