地元志願多く求人を 振興局など会議所に要請

求人要請

 宗谷総合振興局、宗谷教育局、稚内職安は8日午後、稚内商工会議所に対し新規高卒予定者の求人を要請した。
 9月16日解禁される高校生の就職戦線を前にした要請活動。昨年度の新規高卒者の就職内定率は前年を2・5ポイントを上回る95%を超え、今年も新規高卒者が正社員として就職できるよう求人枠の確保を―と要請した。
 商工会議所の風無副会頭に要請書を渡した小野寺局長は、就職希望で例年と同じく地元を希望する生徒は8割を占めていることを踏まえ「地元希望の高校生が多い。そのためにも全員が就職できるようお願いします」と要望。これに対し風無副会頭は「せっかく地元で就職したいという高校生が多い中、この若い力を育てていくことが大切」と答えていた。

コメントを残す