移転準備急ピッチに 今月22日から大谷高校舎

大谷高移転準備

 大谷高の新校舎移転は22日から使用するため急ピッチで整備が行われている。
 新校舎の準備作業は約2億円かけ行っており、5月から校舎となる管理棟の内外装が行われ、外壁は薄いベージュとスクールカラーのえんじ色に化粧直しされ、グラウンドも土と芝生の全面入れ替えをした。
 先月下旬には、道路沿いの校門に真新しい銘板プレートが取り付けられた。
 新校舎は、体育館と普通教室、音楽教室の照明がLED化され、新たに宗教室と介護実習室を増設。3階の介護実習室の横には座学教室と旧校舎ではなかった手擦り付きの浴槽とトイレ、バリアフリーの床になることで車椅子介護の実習が可能になり、以前より質の高い介護実習ができるようになる。
 引越し作業は11~13日までに行う。移転記念式典・祝賀会は、今秋に開催する。

コメントを残す