南極教室など開催 科学館でリニューアル事業

南極展

 青少年科学館は1日、リニューアル事業として南極教室「地球環境と星空」を開いた。
 参加した小学4~6年生11人は、プラネタリウムで第52次南極観測越冬隊員の市川正和さんから南極の星空について教えてもらったあと、環境や管内展示から出題されたクイズラリーでは、再生可能エネルギーはいくつあるか―などの質問の答を、館内の展示物から探し出し、一番早く解答した男の子は「難しかったけど勉強になった」と話していた。
 工作教室も行われ自作のプラネタリウムを作った子ども達は昼食を摂ったあと文化センターに移動し、犬ぞり極地探検家の山崎哲秀氏と朝日新聞記者の中山由美女史のトークショーを聞いた。
 夜には一般市民向けに第1次&3次南極観測越冬隊員の北村泰一氏の講演もあった。

コメントを残す