22年ぶり400億円台 昨年の管内漁業生産高

 宗谷総合振興局(水産課)は、昨1年間の管内の漁業生産高を概数としてまとめ公表した。
 21万1682㌧(前年対比7・9%増)418億1437万円(同29・9%増)。数量はさほどでなかったが、金額は前年に比べ約100億円増え、この10年間で最高となった。
 400億円台は平成3年以来22年ぶり。
 魚種別生産高。
 ▽ホタテ 13万9992㌧(同7・2%増)214億753万円(同48・2%増)▽サケ・マス1万1427㌧(同67・6%増)44億9821万円(同54・1%増)▽ナマコ 864㌧(同0・1%減)32億7593万円(同51・2%増)▽ホッケ 2万5640㌧(同9・4%増)22億5249万円(同3・7%増)▽コンブ 562㌧(同50・7%減)16億8066万円(同25%減)▽タコ 2757㌧(同8・3%減)14億7836万円(同4・4%減)▽イカ 5804㌧(同2・5倍)13億6339万円(同2・6倍)▽毛ガニ 766㌧(同8・2%増)14億1091万円(同0・9%増)▽エゾバフンウニ 76㌧(同30・9%減)10億8701万円(同3・1%増)▽ノナ 138㌧(同10・4%減)10億7055万円(同1・3%減)▽タラ 3293㌧(同0・3%減)4億4156万円(同24・1%減)▽スケソ 7877㌧(同48・3%減)2億9563万円(同64・1%減)▽オオナゴ 7038㌧(同2・2倍)3億7035万円(同2・2倍)▽カレイ類 1407㌧(同0・3%減)2億9285万円(同11・9%減)▽タラバガニ 43㌧(同2・3%減)6310万円(同8・8%減)など。

コメントを残す