新しい納屋

 富士見の加工場で魚干しに使用する新たな納屋作りが行われている。
 関西方面などへの棒ダラなど製品出荷を終え、秋から冬にかけて行われる来年用の干物の乾燥作業に備え「うろこ市」では5つある納屋の2つが築10年近く経ったことから新たなものに作り直している。
 富士見独特の海からの強い風に耐えれるよう納屋1つに使われる丸太は400本以上になり、業者が一つひとつ組み立てロープなどで固定し頑丈に作っている。
 タラやカスベなどを乾燥させる11月には納屋掛けの光景が見られるようになる。