圧巻

 北宗谷農協主催のぬまかわ酪農まつりは27日、沼川みのり公園で開かれ、3500人余りの人出で賑わった。
 畜産物の消費拡大のPRに―と今年で26回目。朝から降っていた雨は、酪農まつりが始まるころには止み市民らが続々と車で訪れた。サハリンアンサンブル「ルースキー・テーレム」によるロシア民謡、最北烈風隊のよさこい踊りなど祭りに華を添え、会場中央では家族連れや会社仲間の人達が余興などを見ながらバーベキューを楽しんだ。
 会場を一際盛り上げたのは、20年ぶりに復活した人間ばん馬レース。市内から9チームが参加し全長50㍍のコースを予選はソリと重さで400㌔、決勝は600㌔を引っ張って競った結果、市内の20~40代の野球チームが優勝した。
 実行委員会は「雨の予想だったが降ることなく予想以上の来場者でした」と大勢の来場に感謝していた。