時の話題「4選出馬いかがか」

 現職の高橋はるみ知事が道知事選史上、初めて4期目めざし出馬するような雲行きにある。
 名物知事であった故町村金吾氏の子息である信孝衆議が前のめりの出馬賛成論をぶつものだからはるみ知事もその気になっているのだろうが、シナリオ通りの動きのような気がしてならない。
 稚内にある一地方紙として知事選まで言及するのはある意味、越権なのだろうが道民の一人として、言わせてもらえば4選出馬には反対である。
 個人的には嫌いな人ではないが、何せこれといった実績がない。国の方針に逆らった方針を示すことがあるが、原則、追従することが多く、フロンティア精神を持つ道民としては納得いかない道政遂行が多過ぎる気がする。
 知事は道経済産業局長として札幌に赴任し、それが縁で知事候補となり通算3期知事を務めているのだが、政策的には余りにもこれといった実績が乏しい。女性知事だけに女性の登用は顕著だが、職員間の摩擦を起こしている人事も見られ、その人事実績にも疑問符が付く。
 自民党の中でも異論を持つ人がいるようで他の候補を探している向きもあるが、現実的な動きとしてインパクト弱く「それならば仕方ない」として高橋知事4期目の話が出ているのだろう。
 稚内、宗谷からすれば視察に来ては〝はるみスマイル〟を見せてくれるが、それ以上それ以下でもなく、もう宜しいでしょ―との気持ちを強くしている。
 これといった失政なく無難な舵取りを評価する向きもある。しかし北海道のトップたるもの、もう少し道民に夢を与える政策実現が求められているのではないのか。
 人口減の将来を見据え未来を見通した戦略が今こそ必要なのだろうが、覇気というのか、必死さが感じられず、次の4年間はとても託すことができない。
 男達よ敢然と胆力持って出馬表明せよ。

コメントを残す